建築士定期講習とは、三年毎に受けることが義務付けられている建築士の講習のことです。 建築士定期講習は、平成20年11月28日の法改正により、建築士事務所に所属する建築士に義務付けられました。 これは、建築士法、第二十二条のニに基いて義務付けられたものです。 建築士事務所で働いている場合、建築士の資格を保有する者は、仕事の内容に関わらず、必ず建築士定期講習を受けなければなりません。 もし、万が一、建築士定期講習を受講せずにいると、懲戒処分の対象となってしまいます。 そのため、三年毎に受け続ける必要があるのです。 ちなみに、建築士定期講習は、建築士事務所に所属していない場合には、資格を保有していても受けなくても良いとされています。 これは、建築士事務所に所属していない建築士は、設計や工事監理を業として行っていないためです。 設計や工事監理を業として行っていない建築士にまで、定期講習を受けさせるのは、規制が厳しすぎると判断されているのでしょう。